女の人

競売の流れを把握して事前に対策するべき|注意点を紹介

初期費用を抑えられる

マンション

長期滞在を目的として京都へ行くのであれば、宿泊先としてマンスリーマンションを利用してみてはいかがでしょうか。マンスリーマンションは、敷金礼金などが必要ないのでお得です。

もっと詳しく

損害をできるだけ抑える

お金

住宅ローンの返済が延滞すると、自らが所有する物件を競売にかけられる可能性があります。その流れとしては、まず住宅ローンの支払いを一定期間延滞すると督促状が自宅に届けられます。この段階では、まだ融資元が債務者に対して支払い要求をしているにすぎません。手持ち金が足りているならこのときになるべく返済するように心掛けた方が賢明です。従わない場合には、債権者から返済についての話し合いに呼び出されることになります。上記で記載した債権者と債務者というのは、前者が代金を受け取る権利を持つ人で後者が代金を支払う義務を背負う人のことを指します。話し合いを経ても、改善のために債務者が自発的行動をとらない場合には、債権者を通して融資先から料金の一括支払いを要求されることになるでしょう。そうなってしまうと分割で支払うことができませんので、負担額は相当なものになります。大半の場合が一括支払い要求にこたえることができないので、差し押さえとなるケースが多いようです。そして競売にかけられ、入札した後は立ち退きとなります。以上が、状況によって違いはありますが、競売の大まかな流れとなります。

競売にかけられて入札すると、販売した利益を得ることができます。しかし、競売の場合は市場価格の半分、もしくは7割しかもらえないので損をすると言えるでしょう。損することを防ぐための対策としては任意売却を行なうことがおすすめです。任意売却は競売と同じように自らが所有する物件を売りにだすのですが、競売と違って市場価格に近い金額が得られます。任意売却する際には、対応している会社を頼ることになるのでネットなどを活用して探しておきましょう。

会社の情報を収集

マンション

不動産会社のサービスを利用する前には、それが優良会社なのかしっかりと判断することが大切です。口コミなどの評判や、熊野町での会社選びにおいて参考になる情報を集めて賢く探しましょう。

もっと詳しく

手数料がかからない

相談

仲介手数料無料で物件を提供している会社を利用すれば、購入費用をある程度削減することが可能です。予算を抑えることができれば、他に費用を当てることができるので活用しましょう。

もっと詳しく